四国キャニオニング in 祖谷渓

キャニオニング

キャニオニング(祖谷渓)

キャニオニング CANYONING=「峡谷をする」って何のこと?ヨーロッパアルプスで大ブレークの、大人気アウトドアスポーツ、別名、シャワークライミング。透きとおった渓流を、歩いたり、水浴びしたり、岩をよじ登ったり、降りたり、滑ったり、全身で体感体験します。ヘルメット、ライフジャケットはもちろん、専用のハーネス、ロープを使用し、高度なロープ技術を取得したガイドがサポートしますので、高さのある滝の登り降りを安全に楽しむことができます。

半日コースは、クライミング経験のない方でも参加できる「沢のぼり」タイプです。ほぼ垂直スライダーではじまり、その登り返し、成功率20%のプライド!ロック、癒(いや)されるプールの数々。遡行の果てには、渓流最奥の大滝が迎えてくれます。体力や気持ちに応じて、各チャレンジポイントの難易度を変えることができます。

1日コースは、ロープと下降器を使用した本格的探検コース。下降器の扱い方をスタート前に練習。最初に20分ほどトレッキング。半日コースのさらに奥の源流に到着、沢くだり開始。最初に約7m、後半に約20mの滝をロープで降ります。ワクワク、ドキドキ感、浮遊感、達成感を存分に味わってください。コースの途中には、2~6mの4つのスライダー。思いっきり行きましょう。進むにつれ変わる渓谷美も訪問者だけが観ることができます。滝降りやスライダーは、原則、回避ルートがありませんので、ご不安な方は、一度、半日コースに参加されることをおすすめします。

終了後、ツアー中にデジタルカメラで撮影した写真・動画を液晶プロジェクターにより80~100インチのスクリーンにて上映会を行います。 別アングルから、キャニオニングを振り返りましょう。