吉野川ラフティング・ツアー冬のラフティング・ツアー

吉野川ラフティング・冬のラフティング・ツアー

冬は一年でもっとも降水量も少なく、水量も減る静かな季節。暑く激しい夏の川とは、まるで表情が異なります。というわけで、寒さに負けない方々、冬の吉野川を体験されたい方々、冬もツアーを受け付けます。こりない皆さん、どんどん申し込んでね。

コースは通常のワイルドPMコースより約3km長く、かつ大きな瀬も3つ増えます。できるだけ暖かく、太陽も谷底に届きやすい時間帯に設定しています。 また集合時間もご都合に合わせて変更可能です。(複数グループがお申し込みの場合は、先着優先となります。)

なお、雨や雪により低温となる場合は、前日までであればキャンセル料不要です。
(大きな瀬 7つ/こぼけコースの場合)

終了後、ツアー中に撮影したハイビジョンビデオ、写真を液晶プロジェクターにより100インチのスクリーンにて上映会を行います。別アングルから、再び、吉野川ラフティング・ツアーを体験してください。

グレードGRADE 3~4
時間SESSION 半日コース(川下り時間/1時間30分~2時間30分~3時間)当日の日程と持ち物
開催期間SEASON 冬コースは2016-2017年は休止の予定です。/12月~2月の全日(除く、12月21日~2月19日) ※除外期間内での参加を希望される場合はご相談ください。 ※2014年12月~2015年2月の期間の開催は未定です。
参加費FEE
全日 10,000
学割中学、高校、大学、各種専門学校生の方は上記金額から1,000円引き(学割対象外期間を除く)※学割をご利用の際、18才以上の方は学生証を提示ください。
※上記金額はすべて税込です。
参加費に
含まれるものEQUIPMENT
ラフト装備一式(ボート、パドル、ヘルメット、ライフジャケット、ジャケット、ウエットスーツ、ウエットシューズ)レンタル料、インストラクション&ガイド料、サポート料、傷害保険加入料、入浴券
参加対象SPECIAL GUEST STATUS 中学生以上の健康な男女※身長120cm未満、体重145kg以上の方のレンタル用ウエットスーツおよび、足サイズ19cm以下、34cm以上の方のレンタル用シューズはありません。
開催予定地PLACE こぼけコース/徳島県三好市山城町西宇~川口(約7km)
おおぼけコース/高知県長岡郡大豊町岩原~山城町西宇(約10km) ※通常はこぼけコースです。増水時はおおぼけコースで開催します。
最大定員MAX FIXED NUMBER 14名(ボート数 2艇)
※ただし、この人数以上でも可能な場合もあります。ご相談ください。 ※ボート1艇=7人+ガイド1人です。グループ数が7人に満たない際は、 他のグループとの相乗りになる場合があります。8人を超えるグループは、 複数の艇に分乗になります。なお、参加総数が多い場合、希望の人数割りに そえないことがありますので、あらかじめご承知ください。
最少開催人数FIXED NUMBER 4名から
冬期のキャンセルCANCEL 雨や雪などによる低温予報の場合、前日18時までにキャンセルの連絡をいただければキャンセル料不要でお受けいたします。 ただし、無連絡キャンセルの場合は通常のキャンセル料をもらい受けます。あらかじめご承知ください。
中止・変更SCHEDULE CHANGE 雨天開催ですが、増水・悪天候の場合はコースを変更または中止する場合があります。

ラフティングコース概要

送迎車から降りたら、川へスロープを降りてゆきます。まもなく、峡谷の中に、透き通った吉野川が見えてきます。途中、用心して、岩場を歩きます。川原に着いたら、安全についての説明を受け、漕ぎ方の練習をします。そしてスタート。最初の急流は、エムジー(別名、森囲いの瀬)。150m以上の長い瀬。岩をすり抜けながら大小の波や落ちこみを越えて行きます。

ゆったりした区間を漕ぎ進み、吊り橋をくぐり、いくつかの瀬を越えると、次の急流は二段滝。二段目は、水量が少ないほど、逆流が強くなりますので、サーフィン(波乗り)もできます。ただし、水を全身に被りますので、寒い日はほどほどに。イジェクタシートを下り、1km以上ある景勝地、小歩危(こぼけ)峡谷。癒(い)されてください。

峡谷をでると、通常の午後コース最初の激流、バスイーター(別名、大滝)。短いですが、落差も大。突き出した岩をすり抜けながら落ちてゆきます。しばらく行くと、200mほどある最長の瀬、イド(別名、曲り戸の瀬)。真ん中が2~3m大きく落ちこんでいます。その上の、狭いゲートをチームワークで抜けて行きます。

二本目の吊り橋をくぐり、ロックガーデン、そしてプレアドの急流、最後の激流はアド(鮎戸)の瀬。岩盤を削り、川幅が急激に狭くなり、水流が一個所に集められますので、水量が少なくとも、なかなかの激流です。楽しんでください。

アドの瀬からゴールまでは、快適な流れが続きます。ボートを立てて遊んだり、希望者は泳いでもいいよ。岩場からの飛びこみにも挑戦!まもなくゴールです。