ラフティング・ツアーのよくある質問

ラフティングのFAQ

ラフティングってなに?
ラフティングとは、激流下り専用のゴムボート(サファリの標準ボートは8人乗り)に乗り、各乗員は安全装備(ライフジャケット、ヘルメット、ウェットスーツなど)を着用し、パドルを漕いで、激流・急流を全員で力を合わせて乗り越え、川を下るアウトドアスポーツです。激流に挑み突破する爽快感、大波やサーフィンで全身ずぶ濡れ、穏やかな流れでは他のボートと水をかけあい、プカプカ水に浮かんで自然に溶けこみ、岩場からジャンプ! 楽しみ方は、季節、水量、状況などで様々です。
コマーシャル(商業)ラフティングツアーでは、リバーガイドが同乗し、指示や操作を行います。
サファリでもボート毎に、リバーガイドが1名同乗し、船長として、激流下りへ皆さまをご案内いたします。

吉野川にて2017年10月には、ラフティング世界選手権が開催され、20カ国~30カ国の参加が予想されています。サファリでは、女子チームのザ・リバーフェース、マスターズ男子チームのメンバーが在籍しており、通常はリバーガイドとして働いております。
今年は、ホームリバーでの大会、みなさま、どうぞ応援よろしくお願いいたします!
初心者でも大丈夫ですか?
ツアー毎の既定の年齢条件以上の健康な方であれば、初心者の方でも全く問題はありません。
実際、参加される大半の方は、ラフティングそのものが初めてです。
ラフトボートには必ず1名ガイドが同乗し、漕ぎ方や落ちた時など安全運航に必要不可欠な事項の説明を充分に行い、ツアーをコントロールします。また、陸上スタッフがツアーに併走し、安全支援を行います。サファリでは、川、陸、そして本部のトライアングル安全対応システムを構築し、常にリスクの低減に努め、万が一の際の対応にも備えています。
吉野川上流は国内有数の激流コースですので、ご不安や迷いがありましたらサファリのホームページ内の動画や写真で様子をつかんでいただければ幸いです。『参加したい!』と思う気持ちが一番大切です。
泳げないのですが大丈夫ですか?
ツアーに参加するお客様には必ずラフティング専用のライフジャケット(救命胴衣)を着用していただきます。落水しても、すぐに肩から上は水面から浮いてきますので、泳ぎに自信がない方や全く泳げない方でも問題なく参加いただけます。
流れが強い場所では、へたに泳ぐよりも、安全姿勢で速やかに流された方がより安全です。スタート前に、激流で落ちた場合の姿勢など対応を説明します。ボートから降りて、急流や激流を流されることをボディ・ラフティングといいますが、慣れてくると、積極的になる方が多いようです。ライフジャケットを着用すれば、泳げる泳げないはまったく関係なくなります。思いっきり、川遊びを楽しんでください。
ボートから落ちますか?
ガイドが同乗しボート操作と指示を行い、乗員全員のチームワークで激流に挑みますが、絶対にボートから落ちないということはありません。激流などでひっくり返る(フリップ)こともあります。
ラフティングは、落ちたりひっくり返ることを前提にした遊びで、落水しても溺れないように、ケガの防止・軽減のために、ライフジャケット、ヘルメット、ウエットスーツなどの個人保護装備(PPE)を着用します。サファリは、厳選した専用品の質と量で自信があります。
濡れるのですか?
ツアー中、落水しなくとも、ボートごと大波をかぶるような激流がいくつもあります。全身ずぶ濡れになると思ってください。
逆に真夏は熱中症の予防に、お互いに水をかけあったり、ゆったりした流れで、プカプカ浮かんでクールダウンしていただくこともあります。清流に浮かぶと気持ちがいいですよ。
生理になったのですが、大丈夫ですか?
女性にとってはとても心配なことだと思います。ずぶ濡れになることが前提となりますので、タンポンを使用されると安心です。(ツアーによって多少異なりますが約3時間はトイレに行くことができません。)
ガイドには女性もいますし、受付も女性です。不安な方は、ご相談ください。
何か割引はありますか?
以下の割引の種類があります。①と②については、自己申告お願いします。

①リピーター割引
割引対象 : 激流ラフティング
条  件  : サファリのアクティビティに一度でも参加された方
         (参加された年をご連絡ください。)

リピーター割引は、1日コース 千円、半日コース500円

②学生割引
割引対象 : 激流ラフティング
条  件  : 中学、高校、大学、各種専門学校生の方
(大学生以上は学生証を提示してください。)

学生割引は、1日コース 千円、半日コース500円


③パック割引
 割引対象  : 激流ラフティング、ファミリーラフティング、ハイドロスピード、キャニオニング、
 条  件   : 2つのアクティビティに続けて参加される方
 
 パック割引は、2つ目のアクティビティが、500円割引。
 ただし、アウトドアランチが無料で付く組み合わせの場合、割引なし。
 (激流ラフティングAM&ハイドロスピードPM、ハイドロスピードAM&激流ラフティングPM)
1日コースと、午前と午後の半日コースの違いは何ですか?
当社の吉野川ラフティング(ファミリーコースを除く)は、3コースとも、日本一の激流、こぼけ(小歩危)コースでツアーを催行しています。
全長約8kmの1日コースをほぼ半分で割り、午前と午後のコースに分けています。
よく「午前と午後のコースどちらが楽しいですか?」とお問い合せをいただきますが、午前・午後共に大きな瀬が4つずつありますので、どちらも同じくらいエキサイティングです。お客様の都合に合わせてお選びください。
なお、1日コースはランチ付きですが、半日コースには食事は付きません。
こぼけコースと、おおぼけコースの違いは何ですか?
こぼけコースは全長約8km、スタートが大歩危峡の後半区間で、途中、小歩危峡すべてを含みます。おおぼけコースは全長約15kmで、後半に大歩危峡ほぼすべてを含みます。
サファリのラフティングの通常コースは、こぼけコースになります。こぼけコースが増水により中止となると、自動的におおぼけコースに変更となります。
通常水量では、こぼけコースが、おおぼけコースより難易度が上がり、激流ポイントも多くなります。
ただし、おおぼけコースは、増水するほど激しさを増し、通常水位のこぼけコースでも体験できない巨大な波に挑むことになります。コース距離は倍になりますが、水量も2~6倍になりますので、流速も早くなります。
平均すると、5、6回に1回は増水おおぼけコースに変更となります。ただし、年によるバラつきが大きいです。
楽しい激流に挑戦するこぼけコース、巨大な波と格闘するビックウォーター(水量が多いこと)の増水おおぼけコース。どちらもおすすめです。
なお、増水おおぼけコースの午前コースは約5km、午後コースは約10kmと、倍ほど違いますが、午前コースにはコンパクトに激流が配置され、それぞれ十分にお楽しみいただけると思います。
ボート1艇には何人まで乗れますか?
1艇に参加者最大7名とガイド1名の計8名まで乗ることができます。
例えば5名で参加される場合、他の2名のお客様との相乗りになる場合もあります。また、8名で予約の場合、7名と1名となる分け方は、原則行いません。そのときの予約状況によりますが、3名と5名か、4名と4名の分かれ方になる可能性が高いです。ボートの分かれ方のご希望がある場合は、お伝えいただければ、確約はできませんが、できる限り配慮いたします。
ツアーが中止になることはありますか?雨の場合は中止ですか?
基本的には雨天催行です。
中止か開催の判断は、天候ではなく実際の水量が基準となります。快晴であっても水量が多くて開催できないこともあります。通常のこぼけコースが増水でクローズになった場合は、増水おおぼけコースへ移行になります。おおぼけの運行基準水位を超えた場合には、中止となります。
参加対象年齢に満たないのですが、体は大きく体力もあるので参加できますか?
お気持ちは大変わかるのですが、申し訳ございません。
参加対象年齢に満たない場合はどのツアーにも参加いただけません。
各ツアーの難易度、リスク、ガイドの指示などへの判断能力などをふまえ、セーフティーマージンも含めて参加対象年齢を決めさせていただいております。
よくお子さまと一緒に参加されたいということで相談をいただきますが、自然を相手にするアクティビティになりますので、何とぞご理解願います。お子さまが参加対象年齢に達しましたら、ぜひご参加ください。
参加対象年齢に上限はありますか?
当社では特に上限はありません。
支障となるような持病をお持ちでなく、健康で、日常生活が普通にお過ごしいただける方でしたら、参加に問題はないと思います。日ごろ登山や水泳をされている元気な70代の方もご参加いただいております。ご本人の『ラフティングをしたい!』という気持ちが大切です。
ご家族みんなで(おじいちゃん、おばあちゃんも)参加したいと、ご相談を受けますが、サファリのホームページで写真や動画をご覧いただき、本人の意思をご確認ください。
二日酔いは大丈夫ですか?
アルコールは正常な判断や行動を制限する可能性が高く、ご本人や他の参加者のリスクを高めますので、参加をお断りしています。
飲酒だけではなく、二日酔いや酒気帯びの方にもツアーへの参加はご遠慮いただいております。
著しい体調不良が認められた場合でも、スタッフの判断で、ツアー途中でも参加をお断りする場合がございます。
何れの場合も、参加費の返金はございませんので、ご注意ください。
ネットで検索したら、たくさんのラフティング会社があり、料金がかなり違っています。どうしてですか?
他社の料金内容の詳細についてはわかりかねますが、料金が異なる理由として、安全対策の違い、施設の違い、含まれるレンタル品の違い、ランチの違いなどオプションの有無などによるものだと、推測されます。

①安全対策の違いとは?
ラフティングは野外活動であり、本物の川を利用しますので、それに伴うリスクが存在します。残念ながら、万が一が有りえるスポーツです。
サファリは、安全を最優先とし、ツアーに伴うリスクを可能なかぎり洗い出して評価を行い、そのリスクを最小化するための様々な対応を施しています。安全について資金、労力、時間を費やしています。
第一にリバーガイドの基準と訓練。
サファリでは、充分なトレーニングを経て、厳格な社内基準をクリアーした技能のあるリバーガイドを採用しています。
サファリはラフティング業界、唯一の全国組織である(社)ラフティング協会(RAJ)に創業時から加盟していますが、RAJは、加盟社に対し、実技と学科からなる認定試験を合格し、毎年その資格を更新しているRAJ認定リバーガイドの同乗運行を義務付けています。日本ではリバーガイドは特に資格がなくてもなれる職業です。サファリは、RAJ認定リバーガイドを採用することで、単に社内基準だけに依拠することなく、ガイド基準の客観性をもたせています。
さらにサファリでは、定期的に必要な各安全研修(急流救助、救命法、ロープ救助など)を義務付けています。加えて、各研修のインストラクターが社内に常駐し、指導を行っています。
ラフティングツアー中、万が一に備え、陸上サポートスタッフを必ず配置している会社と、配置していない会社があります。サファリは、もちろん陸上サポートをツアーに併走させ安全支援を行います。陸上スタッフはデジタルカメラやハイビジョンビデオ(動画)の撮影担当も兼ねています。夏休みの土日など参加者数が多い場合は、陸上サポートは2名以上で行います。
サファリでは、川、陸、そして本部のトライアングル安全支援対応システムを構築し、常にリスクの低減に努め、万が一の際の対応にも備えています。

増水後の川の変化や、流木などの危険物の出現などに対し、積極的に下見や障害物除去活動を行っています。万が一の負傷者の搬出のためのアクセスルートの確認と、定期的な草刈りなどの整備も実施しています。
スズメバチトラップを、ルート各地点に設置し、大量発生を防止しています。

ケガなどの発生に対して参加費に傷害保険を含んでいますが、加えて、万が一の不慮の事故に備え、賠償責任保険にも加入しています。残念ながら、不幸な事故例により、野外活動では賠償責任保険の加入が困難になっていますが、弊社は、毎年、保険の更新を行っています。

②施設の違いとは?
運営会社により集合場所は、温泉などの宿泊施設を間借したり、プレハブなどの簡易の建物であったりします。
サファリの施設は、専用の5階建の建物になります。男女別の階にそれぞれ複数の更衣室とお手洗いがあり、快適に安心して施設をご利用いただけます。
冷暖房完備のミーティングルームでは、受付と説明を行います。ツアー終了後、100インチスクリーンでデジカメの写真やハイビジョン動画を上映いたします。映像で、さらにもう一度、激流下りをお楽しみいただけます。
また、眺めのよいテラスなどで、ゆったりお過ごしください。

③レンタル品の違いとは?
運営会社により参加費に含まれるレンタル品の内容が異なっています。シューズ、ゴーグル、メガネバンドなどが、別料金の会社もあります。
サファリでは、ウエットスーツの中に着用する水着以外は、すべて用意し、ご利用いただけます。すべてのレンタル品は別料金ではなく、参加費に含んでいます。

④ランチ
1日コースとなっていてもランチなしの運営会社があります。
サファリのランチは、ハンバガーやデザートやお飲み物になります。
ランチサイトには、簡易トイレを設置し、快適なランチタイムをお過ごしいただけるように努めています。

⑤オプションとは?
ラフティング以外に付属的なサービスがついているかどうかです。
サファリの場合は、ツアー終了後、お飲み物(コーヒー、紅茶など)や、お菓子(キットカット)などの無料サービスがあります。また、暑い夏の日は、熱射病予防も兼ねて朝からスポーツドリンクの無料サービスもあります。
その後、サファリで大人気のオプション、ラフティングの上映会が開幕します。

⑥写真、ビデオサービス
ラフティングの思い出や、体験の再現のお手伝いなどとして、陸上サポートによるデジタルカメラの写真撮影とハイビジョンカメラによる動画撮影を行っています。ツアー後の100インチスクリーンによる上映会は好評で、別なアングルからのラフティングシーンに大いに盛り上がります。
ビデオ撮影、特にフルハイビジョン撮影と、ブルーレイによる販売もしております。

⑦スタート地点を有料で利用
通常のこぼけコースのスタート地点(=増水おおぼけコースゴール地点)を、安全のために有料で私有地を利用させていただいています。
サファリでは、この狭い個所を利用する際は、参加者、スタッフ、一般の車を誘導するスタッフを配置し、交通トラブルのないよう細心の注意を払ってきました。
さらに、事故の可能性を下げるために、2007年から、すぐ下流の施設、West-Westのスロープを有料で利用させていただいています。この施設の利用により、国道を渡る必要がなくなりました。ボートの搬入出も余裕を持って行えるようになりました。

サファリでは安全最優先の運営に努め、改善を怠りません。
ぬれてもよいシューズを持参したほうがいいですか?
専用品であれば、ご自身のをご持参頂いて結構ですが、無料のレンタル品がございます。
サファリの専用のウエットシューズ(ハイカット/サイズ20~33cm、ローカット/サイズ22~31cm)を用意しています。ぜひ、ご利用ください。
コンタクトレンズやメガネをつけているのですが大丈夫ですか?
コンタクトレンズは多くの方が付けたまま参加されていますが、失くされても補償はありません。使い切りタイプをお勧めします。水を被るような場面、激流や飛びこみ、泳ぎなど、目をつぶればまず失くさないと思いますが、不安な方はスイムゴーグルを着用ください。
サファリでは、数に限りがありますが、スイムゴーグルの無料レンタルを用意しています。

メガネの方も紛失破損の際の補償はありません。必ずメガネバンドなどで外れないようにしてください。
縁がストリング系のものは、飛びこみなどの衝撃でレンズだけ外れることがありますので、ご注意ください。
数に限りがありますが、メガネバンドも無料レンタルを用意しています。ただし、ツルの細いもには合わないことがあります。絶対に外れないという保障もできません。
防水カメラをツアーに持参しても大丈夫ですか?
高価な防水カメラの携行は、お勧めしていません。
衝撃や岩などにぶつけて壊れたり、水中に落として紛失の可能性があります。破損や紛失した際の補償はありません。また、丈夫なベルトで体に結ぶと、外れないことで危険になる場合があります。ボートに結ぶなど、ツアー中は、原則、体から放して携行ください。ベルトがゴムなどで、万が一の際に、切れるような、使い切りの防水カメラをお勧めします。
着替えるところや荷物を置くところはありますか?
男女別々の階に複数の更衣室とお手洗いを用意しています。
また、男女合わせて96個の鍵付きのロッカーを用意しています。
ツアー後、シャワーや入浴できるような施設はありますか?
サファリにはシャワーや入浴設備はありません。
ツアー終了後、以下の周辺入浴施設をご案内しております。

●あわの抄(しょう)/車で約10分。
天然温泉。宿泊施設。お車の無い方は、こちらへ送迎いたします。

●サンリバー大歩危(おおぼけ)/高知方面へ車で約25分。
男性5階、女性6階の展望風呂(眼下は吉野川)。天然温泉。宿泊施設。近隣に、複合商業施設West-Westや、大歩危峡遊覧船。

●美濃田(みのだ)の湯/徳島方面へ車で徳島道利用約20分。
一般道からも行ける徳島道のサービスエリア・吉野川ハイウエイオアシス内の施設。いろんなタイプの風呂をお楽しみいただけます。お土産店、飲食店、キャンプ場併設。
ツアー終了後の上映会って何をするのですか?
ツアー終了後、自由解散となりますが、お時間のある方はご覧ください。


陸上サポートのスタッフが、ツアー中の撮影ポイントで、写真やハイビジョンビデオ(2018年はお休み)を撮影しています。参加者の方の着替えが済みましたら、100インチのスクリーンで液晶プロジェクターによる上映会をいたします。お飲み物やお菓子の無料サービスがありますので、どうぞ、もう一度、ラフティングを映像でお楽しみください。
テーブルにガイドの名札が置いてありますので、その日の担当ガイドの席にお座りください。担当ガイドと今日のツアーの出来事で盛り上がったり、さぬきうどんや徳島ラーメンなどのグルメ情報や、おすすめ観光スポットなども気軽にお尋ねください
午前コースは、ガイドの代わりに他のスタッフが対応する場合もありますので、ご承知ください。
ツアー中に撮影している写真は購入することできますか?
【ビデオ(映像データ)】
BD-R(ブルーレイディスク)・DVD-Rにて販売しています。
1枚1,500円~2,000円にて購入していただくことができます。
※2018年は、スタッフ不足のため、ビデオ撮影はお休みさせて頂きます。状況により撮影する場合もございます。

【デジカメデータ(写真&動画)】
ダウンロードサイト【30daysAlbum】のツアー毎にパスワード(合い言葉)を販売し、ダウンロード先(URLとQRコード)をご案内致します。気に入った写真だけをダウンロードすることもできます。
パスワード(合い言葉)は、1,000円で販売しております。
グループで共有できるので大変便利です。
DVDにて購入希望者には、1,500円で販売しております。
川のグレードって何ですか?
川の難易度になります。
川の流れの激しさのレベルをグレード(難易度)といい、国際基準でグレード1~6まで6段階に分かれています。数字が大きいほど難易度は高くなり、グレード6は、命を天秤にかけるようなエクストリーム・ラフティングになります。世界的には商業ラフティングの上限はグレード5になります。日本国内のほとんどのラフティングコースはグレード2以下です。
吉野川の通常水位のこぼけコースは、グレード3以上となり、特に5月20日~9月上旬の安定した増水激流時はグレード3+~4、水量が増えるとグレード4+、通常水量の2~6倍で開催する増水おおぼけコースは、その水量により、グレード3~4+になります。
吉野川は、水が多くても少なくても遊べる場所が多数あります。水量が少ないときは、驚くほど透明な清流となり、水量が多いときには無かった荒瀬が現れ、エンドレス・サーフィン(波乗り)を楽しむことができます。